FC2ブログ

漆掻き(2)

漆掻き(2)


輪島市在住の漆掻職人 古地 喜太郎さんに 職場に植えてある漆の木( 樹齢40年ぐらい )を掻いてもらうことになりました。
漆掻き2
携帯電話のカメラなので 画像が良くありません

6月22日 
最初に小さい傷を入れます。
漆掻き3
1回目は、漆を取る目的ではなく「 これから漆を掻きますよ 」と漆の木に知らせるための作業だそうです。

6月27日 
2回目は、1回目より長く傷を入れます。
漆掻き4
少量ですが、漆が取れました。
漆を取る目的ではない1回目の傷からも 漆が流れ出しています。

現在 国内で漆の生産量が最も多いのは、岩手県浄法寺ですが、奥能登地方でも昔は、今の浄法寺の数倍の生産量が有ったそうです。( 私の職場にも昭和30年代、40年代の市内門前産漆や お隣の珠洲市大谷産漆がありますが、最近は浄法寺産が多いです )
しかし 輪島市周辺では、近年 全く商業ベースに乗らない状況が続いているそうです。





HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード