FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューブ入り漆

新潟のDIY店で・・・



先日 新潟に帰省した際 新潟市内のDIY店で画材や陶芸用品と並んで、チューブ入りで小分けにした漆が販売されていました。

チューブ入り漆1


最初カシューかと思いましたが、本漆のようです。


チューブ入り漆2


店員さんに尋ねたところ 趣味で木工をされる方などが、拭き漆用に購入する事が多いそうです。

ふと スピーカーを自作される方に「塗り」だけ頼めないか?

とお問い合わせ頂いた事を思い出しました。


スピーカー自作派の方 漆カブレを覚悟で自分で拭き漆されてみてはどうでしょうか?

webで「拭き漆」と検索してみると YouTube などで拭き漆作業の様子が、動画で観れます。



輪島本堅地では、箆や刷毛を扱えるようになるのに訓練を必要としますが、拭き漆は、素人の方でもそこそこの仕上がりになると思います。

しかも拭き漆は特別な道具や設備も必要ありません。

私が輪島本堅地でキャビネットを塗るのは、キャビネットの響きをなるべく抑えたいという考えからで、逆に木の響きを積極的に活かしたいという考えの場合 拭き漆が最も適した塗り方といえます。
HPにもありますが、和楽器の多くが拭き漆仕上げです。


お近くで漆を入手できない方は、下記のアドレスにメール下さい。

小分けして宅配便で送ってくれる業者を紹介いたします。

なお 当方は漆カブレについて、一切責任を負いません。

酷い場合皮膚科に通院する事を覚悟で行ってください。(私も最初の頃 通院しました)




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com










スポンサーサイト

小中塗研ぎ

小中塗研ぎ

小中塗の塗膜が、硬化したら研炭で研ぎます。

小中塗研ぎ




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


上塗漆精製(1)

上塗漆精製

先日 職場で使う上塗漆の精製を漆器組合でしてもらいました。

上塗漆精製1

岩手 浄法寺産の生漆を精製する機械に入れます。
(この模様はBS朝日で放送されたそうですが、我が家ではBS朝日が観れません)

上塗漆精製2
攪拌しながら熱を加えます。



今回は漆器組合を引退されたベテランの方が、精製の指導に来てくれました。
最近は日本産の漆を持ち込まれる事は、少ないそうです。
中国産漆に比べ値段が、一桁違う事と (中国産漆でも他の塗料に比べれば大変に高価ですが)日本産漆は、気候の変化に敏感で調合が難しいので、需要が減っているようです。


精製後の漆や上塗漆の調合ついては、そのうち取り上げたいと思いますが、次回はMG100HR製作工程に戻ります。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com




プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。