FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆掻き

漆掻き

先月、漆の成分などの講義を受けた後、実際に漆を掻いてきました。


漆掻き

ベテランの職人さんの指導受け、この後 私も実際に掻かせてもらいました。
ウルシの木にキズをつけ一滴一滴掻きとります。
我々が、毎日使う量を集めるのは、気の遠くなるような作業です。



分業で発達した輪島塗の技術を後世に伝える為にも 原材料や漆工用具を製造・販売する業者さんに仕事を続けてもらう為にも、ある程度の産業人口が絶対に必要ですが、バブル崩壊以後 漆器業界全体の売上減少が続き、漆器製造に携わる職人数も減少しています。

この状況が、更に進むと漆を掻く職人さん、刷毛を作る職人さん、研ぎ炭を焼いてくれる職人さん等が、廃業に追い込まれる事態となり 結果的に漆器産業自体も立ち行かなくなる可能性さえあります。

特に能登半島地震、その後のリーマンショックで 漆器業者の倒産や人員削減が相次ぎ、必要最低限の産業規模も危ういと思われていたところに 東日本大震災が起きました。

原材料・漆工用具を将来に渡って どう確保するか? 真剣に考える時期にきているのだと思います。

震災直後から 同業者の方々や原材料の業者さんと会ったり、輪島塗技術保存会の後継者育成事業に参加したりと 普段の業務以外の事に時間をかなり使っています。

MG100HR用キャビネットの製作やブログの更新が、遅れがちになりますが、どうかご了承ください。




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com
スポンサーサイト
プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。