FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二辺地(1)

二辺地(1)


一辺地と同様に 各平面ごと 9回に分けて 箆で塗っていきます。
これも 一辺地と写真では、違いがあまり判りません。
二辺地(1)
漆の配合は、一辺地と変わります。




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com



スポンサーサイト

二辺地粉

二辺地粉

昨年の11月6日に取り上げた一辺地粉と写真では、違いがあまり判りませんが、実際にアテ箆で塗ると 粒子が一段階細かくなっているのが、手の感覚で良く判ります。


二辺地粉


次回は漆と混ぜ合わせ 箆で塗ります。


HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


一辺地 研ぎ

一辺地 研ぎ


一辺地の硬化が進んだので、MG100HR用キャビネットの製作に戻ります。
一辺地 空研ぎ
砥石で全面を研ぎます。

次回は二辺地粉を取り上げます。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


トゥイーター用キャビネット 製作受付開始

明けまして おめでとうございます
今年もよろしくお願いします




トゥイーター用キャビネットのみでの製作受付を開始いたします。

ウーハー/フルレンジ用のキャビネットをアテ材の一枚板で組むと、どうしても木地にコストが掛ってしまいます。
これは、樹齢130年程度のアテ材でも 幅のある良質の板目材が、何枚も取れないためですが、トゥイーター用キャビネットの場合 材料の寸法はあまり必要ありませんし、塗りの工程でも 左手で持って塗れるため ウーハー/フルレンジ用キャビネットに比べ、遙かに扱いが楽になるので、比較的手頃な価格(?)に抑える事が出来ます。( 工定数、製作期間は変わりません )

FT96H用キャビネット
写真は黒塗仕上 ユニットを組み込んだ状態です


FT96H用キャビネット価格(1台)

黒塗 17,000円(内税)

溜塗 19,000円(内税)



ユニット + FT96H用キャビネット(1台取り付け費込み)

黒塗 29,600円(内税)

溜塗 31,600円(内税)



FT96H 以外のユニットでも PT-R7、PT-R9等 バッフルに取り付け可能なものは、オーダー製作可能です。

お問い合わせ
E-mail:wajimanuri.sp@gmail.com



次回は一辺地を砥石で空研ぎします。


HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。