FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布着せ

布着せ

寒冷紗を箆で押さえながら漆で貼り付けます。( 一度に全面は作業できませんので数回に分けて張ります。)

布着せ
漆を吸って硬化した部分は、黒くなっています。

カーボン繊維の布を合成樹脂で固めたCFRP ( 炭素繊維強化プラスチック ) と基本的な考え方は同じだと思います。

単に漆を塗り重ねた場合より、剛性( 強度 )が、大幅に上がります。( ホームページ 「材質・技法」「FAQ」参照 )
先人の知恵に敬服するばかりです。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com



スポンサーサイト

着せ布

着せ布(寒冷紗)


輪島では「 着せもん 」と呼びます。

着せ布


昔は古着を使ったそうです。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com



木地磨き

木地磨き

全面をサンドペーパーで 磨きます。

空研ぎ

次回は「 布着せ 」に使う 布の画像を掲載します。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


引き刻苧2(木地固め)

引き刻苧2(木地固め)

木地に漆を浸透させるため 全面に刻苧漆を箆引きします。

引き刻苧2



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


引き刻苧

引き刻苧(ヒキゴクソ)

接合部等に 刻苧漆を箆引きします。

引き刻苧

硬化後 サンドペーパーで空研ぎします。



MG100HRは、低域を引き出すのが難しく サブウーハーとの併用を前提とした 密閉型を中心に考えています。
フルレンジ スピーカーシステムというより 単独キャビネットのスコーカーという感じになります。

現在 優れたパワードサブウーハーが、沢山販売されていますので、( 密閉方式のパワードサブウーハーとの相性が良いと思います )お好みのサブウーハーと組み合わせ、更にMG100HR用キャビネットの上にお好みのツィーターを載せる といった使い方が、良いのではないかと思います。



フォステクスから M100HR-W  FT200Dが、発売されましたので、これはオーソドックスなバスレフ型で、考えています。



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com



刻苧

刻苧(コクソ)

塗りの最初の工程に使う漆です。
( 指物木地を組む時の接着剤としても用います )

刻苧粉( 欅の粉末 )と漆を混ぜ合わせます。

刻苧(コクソ)

下地段階で漆の調合や塗りの作業には、指物木地と同じアテ材の箆(ヘラ)を使います。
最近は、良質のアテ箆が、手に入り難くなっています。




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。