fc2ブログ

KP用筐体 小中塗研ぎ・拭き上げ

二回目の中塗漆の塗膜が硬化したら青砥と研炭で、水研ぎします。

拭き上げ弁柄

その後 油分や汚れを丁寧に拭き取ります。(指紋等で漆が硬化しなかったり、変色したりします)

この後 上塗工程になりますが、今回は上塗専門の職人さんにお願いしました。
上塗完了後にまた画像を上げます。


HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com
スポンサーサイト



KP用筐体 小中塗(中塗2回目)

刷毛でもう一度中塗します。

中塗2

スイマセン写真が良くありません。


HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com

KP用筐体 中研ぎ

『 外部電源トランス化について 』の続きは、また後程書きます。

中塗漆が硬化したら青砥と研炭で、水研ぎします。

中研ぎ


HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com

外部電源トランス化について (4)

ホームページのKP用換装キャビネットの電源端子についての説明で

NEUTRIK ( ノイトリック ) 製電源入力端子

(画像ではキャビネット側にNEUTRIK / NC3FD-LX-Bが、外部電源トランスケース側にNEUTRIK / NC3MD-LX-Bが取り付けられてますが、受注生産型ではキャビネット側にNEUTRIK / NC3MD-LX-Bが取り付けられます)

https://wajimanuri-speaker.jp/?page_id=41

となっていますが、要はキャノン端子のオス・メスが、逆になるという事です。

試作機完成間近にYAMAHA GT-2000の外部電源入力キャノン端子が、普通の音声信号用とオス・メス逆なのに気付きました。
多分感電防止かなと思っていたところ、anglelabolatoryさんからも御指摘を受けました。
トランスで降圧された電流が流れるとは言え やはり感電防止のため受注生産品は、外部電源入力キャノン端子オス・メス逆になります。

なお YAMAHA GT-2000の外部電源は、整流回路も内蔵しているので、キャノン端子には直流が流れます。
前々回で取り上げた機種も外部電源に整流回路やモーターの制御回路を内蔵している機種が、多いです。


NEUTRIK 1
NEUTRIK / NC3MD-LX-B NEUTRIK / NC3FD-LX-B

まだまだ続く



HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com

外部電源トランス化について (3)

HEN110620S

画像の外部電源トランスケースは、タカチ製HEN110620Sです。
放熱の事を考えて サイズに余裕を持たせようとトランスに対して少し大きめのモノを選びました。
当初フロントパネルにメインスイッチとLEDランプを取付ける予定でしたが、仮組みしてみたら 何も無い方が、カッコイイかもとなってそのままになりました。

ただクロスネジを六角ネジに変えてあります。



まだ続く




HPに戻る

wajimanuri-speaker.jp

このブログのタイトルリストは、こちら
http://sibata349.blog63.fc2.com/?all

メールは、こちらまでお寄せください。
wajimanuri.sp@gmail.com


プロフィール

wajimanuri.sp

Author:wajimanuri.sp
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード